×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

関節リウマチ(3)

関節リウマチの治療

リウマチの治療はこの10年で大きく変わりました。

以前はリウマチの治療というと、炎症を起こした関節に対して、薬物を用い、炎症を沈静化して、症状を軽減するという点で、対症療法の域を出ませんでした。そのため、症状緩和は出来るが、関節リウマチの一番の問題である関節破壊に関しては治療を行う行わないにかかわらず、最終的な機能障害は変わらないとも考えられていました。

しかし、近年、免疫抑制剤であるメトトレキセートがリウマチに認可され、その効果が関節破壊を有意に抑制すると言うことが明らかになってきました。また、これらの薬剤が無効な場合にも、生物学的製剤というものを用いることで、薬剤の無効例に対してもより有効な治療が行えるようになりました。

以前まではピラミッド療法と言われ、少量の鎮痛剤から開始して、効果をみながら薬剤を増やしていき、DMARDやステロイド剤を併用していく、と言う方法がとられていました。しかし、先に述べたように、関節破壊を抑制することが可能であると言うことが分かってから、これらの研究が進み、関節破壊は発症後2年以内にもっとも進行すると言うことが明らかになり、早期から多剤を併用して積極的に治療していくという姿勢が取られるようになりました。こうすることで、関節リウマチによる将来的な関節破壊を抑制することが可能となってきたのです。ですから、関節リウマチは早期に正しく診断し、早期から積極的な治療を始めるのが望ましいのです。

ステロイド剤は嫌われることが多いのですが、正しく使うと、即効性があり、関節破壊の抑制につながることが分かっています。
DMARDは効果発現までに通常2,3ヵ月を要しますが、コントロールが良好になると、ステロイドなどを使用せずにすむこともあります。
メトトレキセートも投与開始後、2,3週で効果発現がみられます。週1日か2日の服用ですが、一部に重篤な副作用がありますので、主治医の管理下に使用する必要があります。多くの副作用は高齢者や腎障害のある人にみられます。
生物学的製剤は高価でありますが、メトトレキセートが無効な症例にも有効なことがありますので、難治性の患者さんには有効な薬剤です。副作用として重篤なものもあり、メトトレキセートが無効例な症例にのみ適応があるので、専門医のもとで投薬を受けるのが理想です。

整形外科 目次へ

TOPページへ